怖い話朱い塚-あかいつか-

お見舞い?

投稿者:ユリユリさん




あれは7年ほど前の話でしょうか。

体が弱り、寝たきりになったおじいちゃんが

亡くなってしまいました。

寝たきりになってからも、約2年間はずっと

家で生活をしていたのですが、とうとう体力も限界、

おばあちゃんも身の回りの世話をするには辛くなってきて、

S病院へ入院することになりました。

入院して間もなく、体力が衰弱しきっていたからでしょうか、

ご飯をのどに詰まらせ状態が悪化し、

そのまま帰らぬ人となってしまいました。

その数日後、おばさん(おじいちゃんの義理の妹)が体調不良のため、

おじいちゃんと同じS病院へ入院したことを知り、

家族4人でお見舞いに行くことになりました。

おばさんが入院していたのは5階、エレベーターに乗り込みました。

3階でエレベーターが止まりました。

乗り込んできたのは、年のわりには長身で、

姿勢の良い老父でした。

「・・・・?」

その人はまさに、つい先日亡くなったはずのおじいちゃんでした。

家族4人、目を見合わせ、思わず絶句したのは言うまでもありません。

穏やかな表情で、おじいちゃんの周りには

うっすらと白い煙がかかっていたように見えました。

亡くなったはず、しかし不思議と怖くはありませんでした。

おじいちゃんもおばさんのお見舞いに来たの?



   

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト


怖い話朱い塚-あかいつか-