怖い話朱い塚-あかいつか-

悲しい訪問者

投稿者:シヴァ3号さん




私達家族3人は毎夏1泊旅行します!

いまでももちろ〜ん!

4年前、家族旅行で伊東熱海に行きました。

8月12、13日です。

多少老朽化しているものの熱海のとある有名な宿屋です。

盆前という事で我々貧乏家族3人でも予約して

なんとか泊まれる予算(4、3万)でした。

昼は、断崖で危ないのですが城ヶ崎のつり橋

(山をすげ〜歩く!疲れる、つり橋こわい。下見てはダメ。)

植物園に行って子供(6歳)、ダンナ、私も疲れきってしまいました。

その為か、夜10時頃には家族3人、がーがー寝てしまいました。

それから・・何時頃かわかりませんが

風呂からあがって来た様な水のしたたる音と共に

人の歩く様なポタポタ・・ポタ・・・サワサワ・・いう音がして

目が覚めそうになりました。

真夏なのにぶるぶる寒気と怖さでふとんをかぶると

また寝てしまいました。

すると夢を見ました。

真っ青な空。

紺碧の海。

さわやかで懐かしい気持ちで涙が出ています。

やっと山を登って(林も多い)下を見下ろすと、

なんとものすごい断崖でした。

見た事ない絶壁に立っているんです。

早く下へ飛びこまなきゃ・・そう思った変な夢で朝、目が覚めました。

それから、私は確実におかしくなりました。

いつも忘れた頃あの夢で見た断崖が出てくるのです。

そこに行くととても懐かしい気持ちになるのです。

観覧車ですら乗れない高所恐の私が、

その場所に立ち絶壁を見下ろすと安心するのです!

どちらかといえば、あの場所に帰りたいと言った感じでした。

それから、だんだん私は原因はわからないのですが、

ノイローゼになったようで夜眠れないし、

ブツブツ独り言が多くなり、あげくは意味なく

イライラして家にある物を壊したり。

(TVのリモコン、コップ、壁を破る、子供の筆入れへし折る、

鉛筆全部へし折る、ダンナの服破る、離婚迫る)。

ある夜、鏡を見ると鏡がだぶって恐ろしい形相

(別人の様に目がつりあがり、憎しみに満ちて口も目の回りも青黒い)

見えてしまうし、このままだと喧嘩も絶えないので

ついに一人でこの家を出て行く決心しました。

それで、どうしても明日の朝夜明け前に、

車であの場所に行きたい、すごく懐かしくて涙がでるんだ、

一人では淋しいからせめて犬を連れて

あの場所で死なせてほしいとダンナに話しました。

何故かとにかく死なせてと。

犬と私をロープで縛って飛び込むのだと説得しました。

あそこなら怖くないと。

その時は食欲もなく体重は2ヶ月で13キロ痩せていました。

俺がそんなにいやなら、別れてもいいけど、

ダンナは絶対その場所に行ってはだめだ!

と泣きながら唸るので圧倒され止めました。

子供も思い切り泣いています。

それからダンナは涙を流しながら毎日行くなと念じたようです。

幽霊とか頭からまるきり信用しない人なのに、

家の隅のあちこちに盛り塩を小さなお皿に分けて

置いてあるのです。

しかも、おこづかいもたいして持ってないのに

2万もするおふだを手に入れ、寝室に貼ってありました。

それから、だんだんあの夢は見なくなりました。

家の物も壊さなくなり、食欲も戻りもっと恐ろしいのは

体重がだんだん元にもどってしまいました。

TVはリモコンがなくて誰が潰した!

っていつも言われるので去年買い替えました。

しかし死にかけた事はありますが、なぜあんなに

あの場所で死にたかったのかよくわかりません・・・。


P.Sあの場所偶然雑誌で見ました!びっくり。

城ヶ崎海岸の山に実在してたんです!

そこは、熱海の錦ヶ浦と並ぶ自殺の名所でした・・・

(特に女性が多い。男女間や不倫を苦にした

悲しい自殺の名所で遺体があがってない方も多いし、

あがっても打ち付ける波が激しいので原形をとどめていないという)

城ヶ崎海岸は観光地なのである程度入れるが

そこは危険箇所で進入を封鎖されている・・

が〜ん

そういえば、気味悪くて捨ててしまったが

その付近でとった写真(つり橋近辺高さ50Mはある)に

私の後ろから私の手を取る様にオレンジの光が

海にホゎ〜と続いていました。

いやなので現像出来たその日に捨てました。

もうあの事は、体重が元に戻ってしまった私に

ダンナは城ヶ崎連れてってやろ〜か!

と冗談をいえる程です。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-