怖い話朱い塚-あかいつか-

ヘッドライト

投稿者:Lucinoさん




今から10年位前の話です。

ちょうどお盆の頃でした、私の田舎は海のすぐそばにあります。

漁船の待避港になっている港の隣は磯になっており、

昔はそこに「海の家」のような建物があって、

食事や着替えやシャワー、トイレ等の設備が整っていました。

もうずいぶん前に(港の整備が始まった頃だったか)

その「海の家」は営業をやめてしまい、

その頃には元の大きな建物は取り壊され

なぜかトイレとシャワー室だけが使われないままに残っていました。

その「海の家」を経営していた家には高校生だか

大学生位の孫がいて、ちょうど夏休みでお盆と言うこともあり、

いとこ達が遊びに来ていました。

みんな同じくらいの年の男の子達です、

その晩は暑い熱帯夜でした…。

誰から言うともなく「肝試しに行こう」と言う話になりました。

それならかつての「海の家」の所まで

それぞれ行こうと言う話になり、懐中電灯を持って肝試しに行きました。

あちこち周りながら、彼らはふとシャワー室が気になりました。

もう長いこと使われていなかったシャワー室はボロボロで…

だけどまだドアが残っていて中は見えません。

彼らは何かに引き寄せられるかのようにそのドアを開きました。

そこにあったのは…ミイラのようになった首吊り死体でした。

彼らは悲鳴を上げながら家に戻ると警察に連絡しました。

後で調べた所では、その遺体はわずか

死後2〜3ヶ月であったにも係わらずミイラ化していたそうです…。

そう言えばあの年はとても暑い夏でした。

漁港が近いと言うことで腐乱した匂いがしても

魚の死んだ匂いだろうと誰も気が付かなかったのだそうです。

その亡くなった方は地元の人ではなく、

どこからか来た人だったそうです。

誰も知る人のない場所で死を選んだその人は…

きっと誰かに見つけて欲しくて彼らを引き寄せたのではないかと

そう思えるのです。

今では全て取り壊され現場には何も残っていません…。

あの人が無事に成仏したことを今は祈るばかりです。




   



怖い話朱い塚-あかいつか-