怖い話朱い塚-あかいつか-

かごめかごめ2

投稿者:そらさん




怖い話に掲載して頂いた「かごめかごめ・・」の続編です。

私はあの体験から、毎日お供え物を欠かすことはありませんでした。

時が経ち、あの体験から1年半が過ぎようとしたある日、

母から「1ヶ月位でここを引っ越すよ」と言われた。

私は、「そっか−。もう友達も遊びにこれないな−」と寂しく思いました。

その日の夜、いつも通りお供え物を置き、お経を唱え終わってふと

(そうだ・・もうここではお供えが出来なくなる・・・)と言う事に気付きました。

そうこう考えてる内に引っ越しの日まであと2日。

私は、お供え物と一緒に手紙を添えました。

[おね−ちゃんは引っ越す事になりました。

もうここではお供えができません。ごめんなさい・・]と。

その日は何も変わりはありませんでした。

しかし、最後の夜に暖かい空気と共に

1年半振りに見る男の子と女の子の姿がありました。

「ありがとう。沢山ありがとう。おね−ちゃん、ばいばい。」

とそう一言残してス−ッッと消えて行きました。

私は、すごく温かい気持ちになり、同時に涙が止まりませんでした。

一瞬、誰かにギュッッと抱きしめられた感覚を今でも覚えています。

私が今まで色んな心霊体験をしてきた中で、

一生忘れる事のない出来事だと思っています。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-