怖い話朱い塚-あかいつか-

来訪者

投稿者:ねこまさん



私が中学生の頃の話です。

その日、私はテスト前ということで

夜遅くまで勉強をしていました。

そしてだいたい2時になった頃それは起こりました。

『がらがらがら・・・』

玄関の開く音がしたんです。

そのとき私は、誰か家族が忘れ物でも

とりに外に行ったのだろうと思っていました。

(後で考えればそんなわけはないんですが)

そして私は勉強を続行しました。

そして三時になったとき、私はもう寝ようと思い、

歯をみがきに一階に下りていきました。

そして何となく玄関を見ると、開いているんです。

だいたい10pほどだったでしょうか。

変だと思い、家族の部屋をすべて見ましたが全員眠っていました。

私はとりあえず玄関が少し開いていることを母に告げ、

玄関を閉め、寝ることにしました。

そして翌朝、家族にのことを聞いてみたのです。

「ねぇ、昨夜外に出た?」と、

すると家族全員出ていないと答えました。

もちろん私は頭のなかが真っ白、びっくりしていました。

そしてその後正確な日にちは覚えていないのですが、

また夜中に私はこの音をきいたのでした。

もし幽霊だったとしたら、我

が家になにか用があったのでしょうか?




   



怖い話朱い塚-あかいつか-