怖い話朱い塚-あかいつか-

13年目の客

投稿者:シヴァ3号さん




私は以前友人と、O島に旅行に行ったとき奇妙な体験があります。

8月も終わり頃だったせいか民宿の泊まり客が他にないので

淋しいなと思っていると、

7時過ぎ位に男の泊まり客が一人やって来ました。

暗い廊下で話すとその人は八王子から毎年一人で来るらしく

とても安全そうな人だったので安心しました。

彼は31歳で大学でテニスの合宿以来

もう13年ここに来ているとの事でした。

そして彼は私の友人を気にいってる雰囲気で、

住所などを彼女に聞いていたので

「とりあえず、記念に写真撮るから明日話たら」

と3枚とって部屋に戻りました。

9時頃だった。

で、友人にイマイチだからやめなーとかいってその夜は寝ました。

朝になると、彼の部屋は空で荷物はすでになく

民宿のおばさんに聞いても、

はあ・・・きっとテニスの練習でも・・

とか言って表情が暗いんです。

いろいろ聞くと答えてくれないばかりか、

別の話でごまかされました。

それで昼は、O島のビーチで泳いだのですが人の少ないこと!

私は、泳いでいると何者かに突然引っ張られ流され、

海の色が水色から濃いブルーの冷たい方へぐんぐん流され、

ひっぱられた時足がつって手だけばたばたさせていました。

そこは海流の流れが速く水はうって変わって冷たく

足がぜんぜん届かない、

岸が離れていくのとつってしまった恐怖で

ぶるってもうダメだと思いました。

しかしどうやってか手だけで、戻れました。

30分かかった。顔は真っ青で根性あるなー。

一ヶ月後、現像した写真に(民宿で3人)彼の姿はありませんでした。

いったい何で?怖くて確かめる勇気ナシ。

尚それ以来、私は水恐怖症で海という海に入れません。

見るだけ。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-