怖い話朱い塚-あかいつか-

きしきし

投稿者:宝塚過激団さん



今さっき仕事場で聞いた話を。

仕事場の社員の体験談(どれにしようかな〜♪)。

そのひとが、あるとき、大阪梅田へ行ってて、

梅田第三ビルの便所に入ったと

(ちなみに同僚はすべて男です。夜勤だから。)

はいったとき、「なんかやな感じ」と思ったので、

一番入口に近いとこで小用を足し始めたと。

とたん、ほかに誰もいないのに一番奥の小便器の水が、

「ジャジャーー!!」

と流れ出した!(びくびくっ!)

”やめてくれえ〜”

と思い、急いで便所を出たそうです。

さて。

用事も済んで帰ろうとその人は電車へ。

駅からの歩き道。

時間はもう夜。

歩いていると、なんだか後ろから少しきしみ加減の自転車の

「きし・・・きし・・・」

という音がする。

”自転車がきた”と思い脇によけ振り向くと何もいない。

「?」

また歩き出す。また後ろから

「きし・・・きし・・・」

という音がする。

振り返ると音が止まり誰もいない。

前を向くと音がまたし出す。

「これは・・・」

と思い歩いたまま(すでに少し速歩き)振り向くと音は止まり誰もいない。

しかしやっぱり前を向くと

「きし・・きし・・きし・・」

と音がする。音が離れない。

「ひぃぃえええぇぇ〜〜」

と早歩きで家に帰り2階の自分の部屋にさっさと上がった。

その自転車の音は

「きし・・」

とその人の家の玄関の前でピタッ、と止まったそうです。

だから窓もカーテンも全部閉めて何も見ないようにしたという事でした。

そのあとは何もなかったようです。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-