怖い話朱い塚-あかいつか-

伝えたい気持ち

投稿者:ketunさん




四年前の事ですが...

当時通っていた定時制高校(夜間の部)での、

ちよっと不思議で悲しい話です。

時間は確か19:30ごろだったと記憶しています。

2時間目の授業が終わり20分ほど時間が余ったので、

先生をまじえて雑談していたときです。

(当時、通信制度があり三年で卒業した方が多く、

四年生は六人しかいない為授業が早く終わるのです。

通常は四年間かよいます)

他愛ない会話のなか、「ちょっとすみません...」っと

中庭側の窓の方から、聞き覚えの無い女性の声が。

接客業の癖でつい「はい?」と答えて視線を送ると、

窓越しに見える渡り廊下に全日制(昼の部)の生徒が見えました。

距離は30メ−トルほどでしたが、薄暗く電気もついてないのに

ハッキリとその娘が見えました。

あぁぁぁぁれ?と違和感を感じつつ

「どうしたの?」と聞き返してしまいました。

クラスメイト&先生が、不思議な顔で私を見るので、

「あそこに全日の娘みえる?」と

その娘の居場所を教えても、なにも見えてないらしい...

意識をその娘に戻すと、

「○組の△君が好きでした」と聞こえ瞬きした瞬間に消えました。

「ん?先生最近誰か亡くなった?」即座に問うと、

「あぁ、昼に交通事故で全日の一年生の女子とその父親が亡くなったよ」

「その娘来てたよ...」

と大まかに皆に説明(六人しかいないけど)

2時間目が終わり、全日制の職員室で写真を見せて頂いて、

あっやっぱりこの娘だ...

私は全く?関係ないので、お葬式など行きませんでしたが、

彼女の気持ちは△君が伝わったことを祈ります。

他にも夜の学校には、不思議と怖い体験などまだまだあります。

気が向いたら、おぼろげな記憶をここに書きますね。




   



怖い話朱い塚-あかいつか-