怖い話朱い塚-あかいつか-

恐怖の家

投稿者:yoshiさん




私は愛知県に住んでおりますが、

戦前は殺人事件がいっぱいあったようです。

しかも、すごく猟奇的というかなんというか・・・。

これは、私の地元愛知県O市で現実に起こった話です。

スーパーYの裏側にぽつんと小さな廃墟(木造家屋)が立っています。

以前、そこへ行った時、物凄い寒気を感じました。

そして、翌日の夜、女と男の言い争っている夢を見ました。

「ヤバいんじゃねえか?」と、いうことでA山の弘法さまへ行って、

必死で読経をしました。

そして、二年くらい経ったある日、

地元の古老に「スーパーYの裏にあるあのボロ家は何?」

と聞いてみました。

すると、とんでもないことがわかりました。

戦前、その家には夫婦と姑が住んでいたそうです。

亭主がとんでもない飲んだくれで、

妻は旦那の酒代を稼ぐために内職をしていたそうです。

ある日、意見の行き違いが原因で旦那が

姑を殴り殺してしまったんだそうです。

そして、妻は姑の遺体を井戸に捨てて

夫婦ともどもどこかへいってしまったそうです。

風の噂では二人とも戦後すぐ、

普通では考えられない病気で死んでしまったとか・・・・。

昭和10年代の頃の話のようです。

もう70年近くたっています。

だから、その家のなかには草が生えてます。

畳も完全に腐って土になってます。




   



怖い話朱い塚-あかいつか-