怖い話朱い塚-あかいつか-

歩き回る人

投稿者:ささやんさん




これは、宿泊研修の時の話です。

その日は、今日は色々あったから、

明日に備えて絶対に早く寝ろ!と先生にきつく言われていました。

その夜。先生が寝たのを確認してから、夜更かしを始めました。

好きな人を聞き合ったり、先生のことを喋ったりしていました。

その時、部屋にいたまじめくんがそろそろ寝ようと言い出しました。

その一言で、今まで盛り上がっていた空気が

一気に冷め、みんな寝始めました。

僕もつまらないと思いながらも寝ることにしました。

寝てから1時間くらいたった頃でしょうか、

誰かが歩く音が聞こえました。

僕は、部屋の誰かがトイレに行ったのかと思っていました。

でもその足音はいっこうにやまない。

一人でトイレも行けないのか?と言おうと思い、

起き上がろうとしました。

でもいくら力を入れても起きあがれない。

金縛りだ。そう思いました。

他のみんなは気付いていなかったんでしょう。

爆睡してました(笑)

その後は3時までずーーーーーーーーっと

足跡と対決して、次の日は目を開けていられない様な状態でした。

部屋のみんなに話しても、だーれも知らない。

おまけに目の下に隈ができている僕を見て、

宇宙人だの妖怪だのって言われてさんざんでした。




   

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト


怖い話朱い塚-あかいつか-