怖い話朱い塚-あかいつか-

いたずら

投稿者:maiさん




あれは、確か私が幼稚園に通っている年齢の頃の話です・・・。

たぶん私が覚えている限りでの、

霊体験の始まりの日だったと思っています。

その歳の私は、母親と同じ布団で寝ていました。

朝になり、まだ皆が寝静まっている頃に、

ふと目が覚めてしまった私は幼いながらも、

妙な気配?に気がつき、部屋の窓に目が行ったのです。

見ると・・・。

障子が、ユックリと動き出したんです・・・

ユックリ・・・ユックリと開いていったんです。

見たことも無い光景を目前にして、しばらく呆然としていましたが、

それでもまだ動き続けていたのです・・・。

所が、半分開いたところで、止まったかと思うと、

今度は凄い速さで障子は動き出したのです。

閉めるのか、開けるのかという動きで

左右に動いていたのですが、私は何を思ったのか??

親を起こそうとはせず、布団から抜け出して、

動いている障子の動きを止めたのです。

閉めようとしても、強い力で閉められませんでした。

その後は、どうしたのか記憶が定かではありませんが、

雨戸を閉めていない窓からは眩しいくらいの朝陽が、

差し込んできたし、目がさめていると自覚していた時の事なので

夢では無かったことは確信しています。

そんなに古い家でもなく、障子の建てつけも悪くない家だったのに・・・。

親が起きた時に話したところ、あまり信じてはもらえませんでしたが、

実は信じないようにしている

母親の気持ちが、後に明らかになることになったのです・・・。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-