怖い話朱い塚-あかいつか-

優しい手

投稿者:maiさん



これは、私がまだ小学生頃、母が体験したという

不思議な話です・・・。

霊感が強かった母が、夜中寝ている時に突然金縛りに遭い、

耳元なのか頭の中なのか、

不思議な感覚で誰かの話し声が聞こえてきたというのです・・・。

その日、父は仕事の付き合いで、遅くなると言う事だったので、

部屋には母しかいるはずがなかったのです。

誰とも知れぬ、地の底から聞こえてくるような声で、

母を罵ったそうです。

金縛りで苦しい上に、罵られて、半分パニックになっていたのでしょうか

とにかく助けて欲しいと、願ったそうです。

すると、暗闇から腕が見えたかと思うと

「もう、大丈夫だよ」

と、優しく母の手を握ってくれたそうです。

母は金縛りに遭いながらも、父が調度帰ってきたのだと思い、

安心して握り返したそうです。

すると、罵っていた声も聞こえなくなり、

金縛りも解けて安心して眠ったそうです。

そして、次の日の朝、父にその事を告げると

何も知らないというのです。

母は信じられず、色々聞いたらしいのですが、

そんな事をしていないし、

その時は帰ってきてなかったというのです・・・。

それでは、一体誰が??

それは、私と母の霊体験の度に、

ハッキリしていく事になるのです・・・。




   



怖い話朱い塚-あかいつか-