葬祭センター

怖い話

葬祭センター

投稿者:シヴァ3号さん


私はこの時期になると毎年3年くらい、
I葬祭センターの初盆祭壇係りのアルバイトしてました。

憑かれやすいがゆえ危ないので2年前にやめました。

祭壇の展示期間は5月初旬から約10日間ですが、
葬祭センターの事務の手伝いや初盆までの忙しい
8月10日位まで3ヶ月いつも手伝っていました。
日曜日に葬式が重なると、センターがからっぽになっての
留守番恐ろしい事この上なし。

係長いわく、大丈夫だ!2人奥にいるから!
奥というのは病院から搬送されてきたばかりの
仏さんの安置所・・・近寄らないよう必死でした。
もちろん死体を棺に入れる手伝いもやったし、
葬式の手伝いももちろんやりましたよ。
だって時給がいいんです。
初盆祭壇展示の期間は時1000円+歩合で日給
約9000~1万でした。
期間がおわっても時900円で4時に帰れるので
子持ち主婦の私には好都合でした。
(ちなみに30歳までと年齢制限あります。
女子大生も多かったがみんな展示期間の10日間だけでやめる)

ある日、気になる仏さんがありました。
引き取る人がみつからないんだとか・・・
おじいさんで老人ホームに長い事いたというのです。

病院で亡くなりいろいろホームの人が面倒みてくれたのですが、

親族に連絡がつくまで安置所に置く事になりました。
この日も人手がなくおーい手伝ってくれその声で、
ご遺体を棺に入れました。

とても重い・・・かわいそう・・そう思った私はI葬祭センターで作って、

引き物になっているまずいバームクーヘンを幾つかおじいさんの棺のそばに置き、
「早く身内の人来るといいね。来るから大丈夫だよ。」
と語りかけていました。

その夜、な・・なんとじいさんが夢に現れましたっ!
怖くなかったけど、どうしたの?という問いに
にこにこ笑っていたんです。
お酒が好きだけど糖尿で長いこと飲んでないなあ・・・
とか格段怖い事なかったですな。
ただ気になったのは最後にさーァーびしいなーと

一言いって消えた事でした。

このフレーズだけは今も忘れる事できません。
次の日、幸いなことにたった2人でしたが
親族が現れとてもうれしかったです。
昨日のことを話すと、大好きなお酒を
そうそく上げてくれると言い安心しました。

ご冥福をお祈りします・・・

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました