その後の関の尾

怖い話

その後の関の尾

投稿者:タカオさん


22歳の時、友人と夜に関の尾へ出かけました。
大体9時ぐらいに到着。
目的は、昆虫を捕ることだったのです。

ああいうことがあったのですから出来れば、近寄りたくないものです。
地元の情報では、滝の所の橋とキャンプ場が
危ないといわれていましたので「そこ以外なら」と思っていたのです。
それに、昆虫も沢山いるみたいですし。
(何故、昆虫捕りにいったかはよく覚えていません)
新しい懐中電灯、電池をコンビニで購入していましたから
明るいところで準備し、木の有る所をもとめ移動しはじめました。
外灯が届かない区画に入ったので、
懐中電灯をオンにしたのですが、、、、。
「ばちん!」と音がして球が切れました。
もう一つ予備の懐中電灯もオンにしてみたら、、、。

「ばちん!」と切れてしまい、、、。

かなり、びっくりし(新品なのに何故切れる?それも2個)戻りました。

それが、大体10時前。

自宅にしめだしをされないように、公衆から代る代る電話したのですが、話し中。

帰宅後、「長電話、しとったろ?」と聞くと、
「してない」との解答。
友人もそうだったらしいのですが。
後で気付いたのですが、、、、。
うちはキャッチホンを入れていたので話し中はないのです。

もうひとつ。
ケーブルテレビが、地元に出来ました。
2001年、夏の恐怖コンテンツでミステリースポットを特集になったようです。

それで関の尾も。

この話は、そこに勤めるスタッフ(体験者)から友人が聞いたものです。

写真とテレビカメラ撮影によって紹介するようだったのですが、、、。

<写真はあまりにハッキリ移っていて没>

<カメラを滝つぼに向かって回したところ、これまたハッキリで没>

余りに凄いと没にするんですね。そして、、、、。

その現場スタッフが全員交通事故を起こしたそうです。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました