浜辺の少女

怖い話

浜辺の少女

投稿者:有希さん

私の友達、Dから聞いたお話です。
Dは、海に行っていました。
昼、たくさん遊び、テントに入って寝たそうです。
どれだけ寝たでしょうか・・・・。
トイレに行きたくなって、目が覚めたそうです。
「トイレは遠いから、浜辺でしてこよう」
そうして、Dは、浜辺に向かったそうです。
浜辺で、トイレをして、終わったら、なんとなく、
浜辺を見渡したくなったそうです。
そうして、ぐるーー!と、見回したその時に、左側の方向で、
50mほど先の所に5歳ほどの、少女がたっていました。

「こんな夜中に。何をしているんだろう。」
そう思い、テントに戻ろうとした時・・・・・・・・
「まって、お姉ちゃん。まって、お姉ちゃん・・・・・・」
と、聞こえたそうです。
遠くにいるのに、まるで私の耳にたって、
ささやいている感じだったそうです。
おそるおそる、その少女がたっているところを見たそうです。
少女は、20m先のところにたっていたのでした。
「まってお姉ちゃん・・・・・・」
そうして少女は、ニヤと笑うと、すごいスピードで、
追いかけてきました。
Dは、必死で逃げました。
「まてぇぇぇぇ」
そうして、腕をつかまれたそうです。
少女は、また、にんまりすると、
「つーかまえた」といってきえました。
Dの、腕には、子供の手跡がついているそうです。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました