私の守護霊2

怖い話

私の守護霊2

投稿者:B-HEARTさん

福岡県の大宰府天満宮の裏に四王子山があり、
そこを貫く一本の峠道があります。(大宰府・宇美間)
その昔、大宰府政庁を元寇等の外敵から守る為、
霊的防御が施された(らしい)この山で
何十年か前に殺人事件があったという。
何でも、少女を誘拐しては峠の公衆トイレに連れ込み、
散々イタズラした挙句殺し便器に
捨てるというものだったそうだ。
其処では夜な夜な少女の霊が出没するんだとか。
「そんじゃぁ物見に行ってみますか。」って事で
私と師匠はその日の晩、大宰府側から車を走らせました。
蛇行する道を登り、お寺の横を通過、そして頂上へ・・・
師「居ないねぇ。」
私「宇美側じゃねぇ?」
さらに車を宇美側へと進める。
宇美側の道には二箇所の『公衆トイレ』が有り、
その一方の入り口に青白く透き通った少女は
たたずんでいました。
師「おぉー居る居る!」
私「どうする?車止める?」
師「いや、やめた方が良いんじゃねーの」
私達は少女を横目に道を下っていきました。
しばらく進むと川沿いに鳥居があり、其処の前に車を止め、
「見えた」感動の余韻に浸っていました。
師「んじゃぁ感動ついでにあれ見える?」
師匠の問いに鳥居の向こうを見ると、茂みに一体、
川の対岸に一体、奥に三~四体の霊がいました。
私「おぉスッゲー!」
更なる感動に浮かれていると
師「あ・・やべー、一体乗ってきた。」の声。

とりあえずその場を去る事に・・マジですか?。
除霊場所は行きがけに通ったお寺に決定、
再び大宰府側へ逆戻り。
トイレの少女を無視しつつ車を走らせました。
その地縛霊(浮遊霊?)は師匠の問答無用の
除霊をも拒み、私の車の屋根を叩く始末。
『バン!』
という音での抵抗に中断を余儀なくされ、
しばしコレ(霊)をどうするか考えました。
私「コイツ俺の守護にするっていうのはどうだろう。」
師「えっ!マジで?神上がりしてないけん、
あんまり良くないよコイツ。」
私「んー、一切衆生を救わんとする心は
海原の如くってヤツ?結構強そうやし。」
その言葉を聴いてか、霊は車内をグルグルと廻ったり、
師匠に憑いたり私に憑いたり。
師「お?喜んじょるね。」
私「但し、どうして亡くなったか位は教えてもらわんとね。」
この条件に応えたのか、私の頭の中に映像が
流れてきました。
どうも雨で増水した川を見に来て、足場が崩れたらしい。
岩が流れてくる処を見るに土石流だったんだろうか。
どうりで川沿いに留まっていた訳だ。
若者の好奇心も一つ間違えれば「死」に繋がるということか。
お互いの条件の成立ということで、
今現在私のお仲間です。
思わぬ拾い物をしたものだ。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました