二ヶ月の人違い、永遠の友情

怖い話

二ヶ月の人違い、永遠の友情

投稿者:B-HEARTさん

11月、大分方面からの帰社途中の事、
1体の霊に憑かれた感覚が肩に現れました。
これが『ムラカミ・ユウコ』と名乗る霊との最初の出会い。

…全ての手順を踏み、最後に刀印で天への道を示す、
運転中では有ったものの、このままでは
仕事に支障が出るので強制的に上がってもらう事に
したのですが…
「ゴン!」
「痛ぇ!」
刀印が天井に当り、次の瞬間、彼女の手が首を絞めてきた、
私:「…やべぇ…失敗したか?」
この数日後、師匠が私の家に泊まり来た時の事でした、
深夜、部屋を歩き回る少女を目撃したと言う。
「あぁ、女子高生やろ。セーラー服着た…」
私はあの浄化失敗の件以来、見えた霊は皆
『ムラカミ・ユウコ』と思い込むようになっていました。
しかし、師匠は昨夜の一件でこの霊が
『K姉さん』(私の守護霊参照)だと理解し、
此れから先に起こる出来事を直に聞いたという…。
時が来るまで私には黙秘のままでした。
12月、唐津配送中の事、
私の脳裏に『K姉さん』(おばちゃんVer)が現れてこう言った
「上げて欲しい人がいる」、と。
この時、3体の霊が憑いていたものの仕事が忙しくて
無視し続けていた事をK姉さんは知っていたようで、
又しても運転中の浄化となり
前回の失敗を踏まえて今回は手を使わず

心」のみで3体を順に上げることにしました。
全ての霊の浄化を無事終えた後、容量の空いた
私の体にK姉さんが入り込み、
右手を引いて或る場所へ誘導する。
其処は次の配送場所にして、K姉さんの在りし日の職場。
嫌な予感がしました、よく考えれば一度守護に
廻った者が出てくる事自体前例が無かったからです、
一体何があったのか。
行ってみれば予感は的中、
「今度はY姉さんがヤバい事になって……」
従業員の方は私にこれまでの経緯を話してくれました。
Y姉さんとは、今は亡きK姉さんの職場仲間であり大親友、
そしてK姉さんの第一発見者。
そんなY姉さんが病院のICUに入ったのが一昨日の話、
忘年会の折、階段から足を踏み外し転落、
発見されたのはそれから3時間後の事だったそうです。
肌で感じる悲壮感、私は従業員の方に言いました。
「…多分…駄目かも知れない…だってY姉さん
此処に来てるから…」
眼前に見えるは霊体となった、かつての友との再会、
K姉さんは必死にY姉さんを説得している様にも感じる、
そして、Y姉さんから伸びる一本の紐…
これは『魂の緒』?
一頻り仕事を終えた後、師匠に一連の出来事を話すと
「多分大丈夫なんじゃねーの?」
の一言。
俗に云う『魂の緒』は本体と繋がっている限り只の
『幽体離脱』の状態らしく、後は死ぬも生きるも
本人の意思次第だとか。
更に師匠は11月、私の家で見た女子高生の
正体を教えてくれました。
K姉さんは、かつての友の危機を教えたくて現れたそうで、
約2ヶ月間も自分の事を『ムラカミ・ユウコ』と呼ぶ
私にどう伝えていいのか判らなかったらしい…
ん~申し訳ない。
曰く、霊体は在りし時の最も良い時期の姿で
現れる事があるらしい、あの姿じゃ判んないよ。
数日後、Y姉さんは無事ICUから一般病棟へと
移されたと聞きました。
全ては、K姉さんのお陰です。
それと結局、『ムラカミ・ユウコ』と名乗る霊は
11月の浄化で上がっていたそうです。
2ヶ月間、一人で踊っていた気分。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました