しゃちょおころ

怖い話

しゃちょおころ

投稿者:こうさん


2016年群馬県の白い家に行った時の事です。
現地に着いたのは探しに探して夕方。
友達は乗り気で白い家に向かいましたが、
僕は車から白い家を見た瞬間、何か胸騒ぎがして
車に残りました。

友達は写真撮影したりしたようですが暗くなってきて戻ってきました。
なんだか気分が下がった?ような感じを覚えています。
家に帰って寝ようとしましたがあまり寝付けませんでした。
やっと眠るか…とした時、強烈な金縛りに遭いました。
なんとも言えない、ものすごい力で
全身を押さえつけられたような感覚に襲われ、
首が折れるんじゃないかと思うほどねじられました。
耳元で
「しゃちょおころ…しゃちょおころ…しゃちょおころ…」
と延々つぶやかれました。
気がつくと朝になっていました。
夢だったのか現実だったのか。
夢にしてはとても鮮明でした。
翌日白い家にいっしょにいった友達にそのことを話しました。
すると友達は「こんな夢を見たんだよ」と言いました。
眠っている友達の目の前に真っ黒な影の女性が現れ
「このくらいで済むと思うなよ」と言ったそうです。
友達はここで知っているお経を唱え続けたそうです。
しばらくして女性の影は悔しそうに(そんな感じがしたそうです)
スーと消えたそうです。
その後変なことが起こる事は止みました。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました