肩越しに見えたモノ

怖い話

肩越しに見えたモノ

投稿者:紅のプー太郎さん


海水の水温が一番低い時期から、
少し上がりだしたから、久しぶりに三角西港へ、
釣りに行った際の体験です。
約10mと水深があり、魚種は限られますが、
真冬の寒い時期でも何なりと釣れるから、
釣り人が絶えないんですね。
朝早くから釣ってると、昼くらいに後ろから
「釣れますか?」と声をかけられましたが、
よく観光バスが休憩がてら立ち寄るから、
「また観光客か⁉めんどくせ~」とか思いながら、
振り向きもせず適当に相手してました。
話好きな方だったらしく、あ~だこ~だ話かけられて、
気が散ってしょうがないから、休憩がてら
バッグから缶コーヒーを取り出そうとしたんですね。
よく見てみたら話し相手は初老の岡田真澄似の男性でしたが、
右の肩越しに七色っぽい後光?が射してる、
女性の生首が浮かんでて、ニコニコと微笑んでました。

内心「ありゃ⁉」と意表を突かれて、タジろぎながら
多少シドロモドロになりながらも、なんとか喋ってました。
時間がきたらしく、けっこう俺の失礼な対応にも怒りもせず、
観光客の男性はバスの方へ戻って行きました。
生首の女性も、会釈をしながら軽くお辞儀をされましたけど、
かなり徳が高そうな感じの方で、あんなのは初めて見させてもらいました。
初老の男性も、柔らかな物腰でダンディーな立ち居振る舞いで、
たぶん生首の女性は守護霊にあたる霊とは思いますけど、
こんな人達にしか付かない守護霊なんでしょうねぇ?。
ぜひ見習いたいものですが、なんせ生来のガサツで
いい加減な性格なもんで、やっぱ無理か⁉

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました