夜の漁港にて

怖い話

夜の漁港にて

投稿者:紅のプー太郎さん


季節柄、昼間は暑すぎて体力面で無理があり、
夕方くらいから日付けが替わる頃までの、夜釣りにしました。
当日、現地に着いて満ち潮はボチボチ釣れてましたが、
夜の10時過ぎた引き潮になると、
ぱったりと釣れなくなり、なんか変な臭いが匂ってきたんですね。
初めはそうでもなかったんですが、次第にキツくなってきたら、
爺さんが

「いいとゆうまで、決して振り向くんじゃないぞ‼」
と言い出すんですよ。
俺としては、霊の類いは見慣れてますし、
妖怪だったとしても多分大丈夫だったんですが、
あえて振り向かない様にしました。
それにしても、強烈とゆうか熾烈とゆうか、
息をするたびに「オエッ‼」とするレベルの、
腐敗臭みたいな臭い匂いので、涙目になるくらいだったんですよ。
暫くすると、次第に臭い匂いは収まっていき、
爺さんも「もういいよ‼」と言われて、聞いてみたら
「山童(ヤマワラ)とゆう妖怪で、取りつかれたら魚は釣れる様になるが、
毎日釣りに行かないと祟られて、命を取られる‼」
そうで、尋常じゃない臭い体臭があるそうです。
帰ってから調べてみたら、熊本県南部から
鹿児島県の東シナ海側に現れる妖怪の一種だそうで、
だいたい爺さんの言ってたとおりでした。
色々な釣り方で全国レベルになると、もう素人では
何がなんだか?レベルでついていけず、
そうゆう方々の何人かは山童に取り付かれてるんですかねぇ?

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました