とある廃道

怖い話

とある廃道

投稿者:紅のプー太郎さん


新しいルートが完成したりして、
使われなくなった道や、鉄道の廃線を訪ね歩いてる知人がいます。
なんでも、念願かなって静岡県の大崩海岸へ
行く機会があり、やっと出かける事が出来たそうなんですね。
少し早めに着いて忍び込んだそうで、ブログにアップする
目ぼしい写真を撮影して、暗くなってから
夜間用の写真を撮影したそうです。
ついでに近くにある小浜海水浴場へも行ったそうで、
夜に車の中で寝てると嫌な感じがした途端、
金縛りになり男とも女ともつかぬ複数の声で、
呻き声が聞こえてきました。
初めての体験にテンバって眼を開けないでると、
少しづつ車体が揺れ始めて、少し眼を開けて外を見てみると、
確かに黒い何者かが窓にヘバり付いて、何かやってるんですね。
どれくらい時間がたったか分かりませんが、
やっと金縛りが解けて外を見渡すと、
黄色の車が走り去ってくところで、少し窓を開けてても、
エンジン音とか走行音がしなかったそうです。
気を取り直して、小浜海水浴場の方へ行ったら、
民宿らしい廃屋の窓辺に、女が立ってて

コチラを見てたそうですが、イマイチ距離感が掴めなかったみたいです。
後日、ネットで調べてみると、大崩海岸一帯では
黄色い車と女の幽霊が有名な心霊スポットだそうで、
落石に押し出されたりして事故死された方々も
多かったみたいで、化けて出て来られるのも
しょうがないみたいですね。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました