からみつく手

怖い話


やぶきたさんの投稿です
地元に有名な心霊スポットがあります。
すごく山奥で人っ子一人いない場所にあります。
とても車じゃないと行けません。
もう何度も行っているのですが、友人に誘われ、
行くことにしました。
深夜であたりは真っ暗、誘ってくれた友人は
懐中電灯も準備をしておらず、結局あまり奥には進めずに車に戻りました。
「やっぱり何もなかったね」
そういったとき、友人のBが、声を震わせこう言いました。
「なあ、俺たち友達だよな?
友達なら何があっても一緒にいてくれるよな?」
「なんだよ、何かあったのか?」
「絶対に一人にしないでくれよ!」
そういってBは自分の足元を指差しました。
そこにはBの足に絡みつく長い白い手がありました。
しっかりとBの足を掴み、Bは動くことができませんでした。
うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!
車の中はパニックになり、みな車から逃げ出しました。
Bを除いて。
翌日、友人Bは車の中でへらへら笑っている状態で発見され、
精神病院への入院を余儀なくされました。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました