太宰府天満宮

太宰府天満宮 パワースポット

太宰府天満宮
福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
太宰府天満宮は、菅原道真(すがわらみちざね)公(菅公)の御墓所の上に社殿を造営して、
その神霊を御奉祀する神社で、「学問の神」「至誠の神」として世の崇敬を集めています。
延喜3年(903)2月25日、菅公は謫居(たっきょ)の地、
南館(榎寺)において清らかな御生涯を終えられました。
その後、御遺骸を牛車に乗せて進んだところ、間もなくその牛が伏して動かなくなりました。
これは、菅公の御心によるものであろうとその聖地に御遺骸を葬りました。
京より追従した、門弟味酒安行(うまさけのやすゆき)は延喜5年ここに祠廟(しびょう)を創建、
次いで左大臣藤原仲平は勅を奉じて大宰府に下って造営を進め、
延喜19年に御社殿を建立しました。
醍醐天皇は大いに菅公の生前の忠誠を追懐されて、
延長元年(923)に本官を復されました。
そして、一条天皇正暦4年(993)には正一位左大臣、更に太政大臣を贈られ、
天満大自在天神(天神さま)と崇められました。
その後、度重なる勅使の下向があり、22社に準ぜられました。
明治4年、国幣小社に、同15年には官幣小社、同28年には官幣中社に社格を進められ、
天神さまの聖廟(せいびょう)の地と称えられて年間700万余の参拝があり、
日本全国より尊崇を集めています。
大宰府天満宮HPより
太宰府天満宮 飛梅
菅原道真公を追って一晩で京都から飛んできたという飛梅。
とりわけ、学業祈願に定評がある。

福岡県パワースポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました