心霊写真朱い塚-あかいつか-

心霊写真顔の章 
心霊写真の投稿はコチラから 
場所:自宅リビング
投稿者:あやさん
3月にリビングで
妹が3DSで私を撮って遊んでいたときの1枚です
5月になって、初めて気づいたらしく
やばいと言って見せられ、寒気が止まりませんでした
画像を整理していたら
これだけ怖い顔が写っていて消せなかったみたいです
透けていて、緑色をした
目と鼻がある男の人のような。
とりあえず霊感のある母に見てもらいたくて
私のSDカードに画像をコピーし、
それを私の携帯で開いたんです
そしたら3DSでは鼻まで写っていた顔が
携帯では口元まではっきりと写っているんです
さらに怖くなり、母に見せたところ
撮った妹だと言うんです
でも反射したとしても
カメラのレンズは私に向いてます
妹が写るはずないんです
それに妹とは思えないくらい怖い顔なんです
この家に引っ越してきたのは9年前
前に住んでた家では
なぜか勝手にドアが開く 押し入れを中から誰かが叩いた
などの現象があり、あまり気にはしませんでした。
でもこの家は引っ越してきたときから
おかしなことが止まりませんでした
不動産屋さんをやってた家らしいんですが
家を見に来たとき
なぜか勝手に電気が付いてて
二階建てなんですが
二階の一番南にある
ベランダにはサンダルがそろえられ
屋根には無数の足跡
それもあまり気にしないようにし、
引っ越してきて暮らしはじめたころ
ベランダから一番北の部屋に向かって
ダンダンダンッと子供が走ってる音が。
もちろん最初は妹を疑いました
でも家族全員一階にいてもするんです
走ってる音 たまに聞こえる不思議な声
階段をゆっくり降りる音
なぜかいきなりつく階段の通ると反応する電気
なにかが落ちたような音 ジャンプしたような音
兄の友達の知り合いには
霊の通り道があるね と言われました
私は中学校不登校で毎日一人で家にいて、
全部一人なのに体験し、震えが止まらず
一度鑑定してもらいましたが
悪い霊じゃないから
居るのは当たり前だから
と言われ、気にしないようにしました
でも昨年、リビングでテレビを見てて、
深夜だったので
寝ようと思い、階段を登り、二階へ
階段の電気を消すため
一瞬振り返り、電気を消して部屋へはいるとき
いまなんかいた はっきりと感じました
階段の真ん中らへんで
白い着物を着た髪の長い女の人が這いつくばってたんです
一瞬だけだったんですが
たしかにいた そう感じ、震えながら部屋へ行き、すぐ寝ました
それからしばらく毎日家にいると
いま後ろにいる あ、テレビの前歩いてる
などと、頭のなかでその様子が映像になって浮かぶようになり
怖くて怖くて仕方なかったです
父と私が数珠を買ってから
しばらくそういった現象も無くなったんですが
最近になり、兄が一番北の部屋なんですが
夜中にトイレに行こうとすると階段降りる瞬間に
寒気がして行っちゃいけない気がして行けない
頭に貞子みたいな女の人が浮かぶ
と言い出し、
さすがにやばいということで
徐霊のできる葉っぱを階段の真ん中でたきました。
すごく煙が出たんですが
何度たいてもいきなり消えてしまって。
もう大丈夫だということで終わり、
次の日のお昼
兄の咳がきこえ、
あれ 仕事は?と思いながら
父に電話をしたら
兄と父は一緒に仕事してるんですが
俺のとこにいるよ と。
じゃああの咳は?ときくと
葉っぱたいたからかもと言われ、不安で仕方ないです
そしたらいきなり怖い写真が見つかり
震えが止まりません
さっきも夜中なのになぜか
すごく隣の部屋から物音が。
怖くてどうしようとなったとき
偶然父が起きました
父が二度と吐血で入院し、
一年持つかわからないと言われてます
兄も、いまは再婚しましたが
昨年いきなり離婚
祖母は会社が倒産
私もこないだバイト先をクビに。
いろんなことがあり、不安で仕方ないです
突然夜中に父が寝たまま
うー、あぁーっ、うぁー
とうなり、無理矢理起こすと
母が霊を連れてきた と言ったこともあります。
私たちは何か悪いことをしてしまったんでしょうか
この写真は妹なんでしょうか
長々とすいません
どうか鑑定お願いします

心霊写真顔の章22-1
拡大
心霊写真顔の章22-2


鑑定結果
確かに霊ですが、元々この家や土地にいる訳ではなくご家族が
結果的に呼び寄せてる形になってます。
マイナスに考えてしまうことで霊と波長が合ってしまい、
知らず知らずのうちに呼び寄せてしまっているようです。
その悪い流れが先祖何代も続いているようです。
ご家族全員で前向きに考えていく事で解決に向かうのではないでしょうか。
わかりやすく言えばボジティブに生きる事ですね。
そうすることによって自然に霊が離れてくれるはずです。
こちらからも祈祷しておきます。

 次へ   メイン
心霊写真投稿はコチラから


心霊写真朱い塚-あかいつか-