心霊写真朱い塚-あかいつか-

心霊写真オーブの章 
心霊写真の投稿はコチラから 
オーブ
最近テレビ番組等でも放送され、
その存在を知られるようになりましたが、
オーブって一体なんでしょう?

そもそもオーブという言葉は海外発です。
英語表記は「orb」となっています。
日本では馴染みの薄い言葉ですが、
海外では以前から出ていたようです。
ネットを通じ、広く知られるようになりました。

オーブの正体についてはたくさんの説があります。
●人魂(いわゆる火の玉)、霊体の一部である。
●ホコリ、水蒸気など。
しかし実際はよくわかっていません。
しかし心霊現象となんだかの関わりのある
現象である事は間違いないようです。
また確かにホコリや水蒸気などでも
このような現象を撮影できます。
本物のオーブとホコリや水蒸気との違いは何でしょうか?
霊感のある方に聞いてみたところ、
オーブは自ら光を放ち、向こう側が透けて見えない。
これが最大の相違点であるそうです。
しかしそれでも初心者にはちょっと
見分けのつきにくいものもありますね。

霊感のある方に伺ってみたところ、
*********************************
オーブと言う物は、自発光している為、
透ける事がありませんし、光っています。
小さく写る事が無いんですよ。

ホコリがこのように写る原因としては
@光を反射しやすい(化学繊維系)などが飛んでいる。
Aデジタルカメラで無いのなら、
レンズや内部にカビが発生している場合がある。
B光を反射する時は円系に光が広がるので丸く写る。
Cレンズとの焦点距離(簡単に言うとピンボケ)で
近くにあるホコリなどが大きくボケて写る
こんな感じでしょうか。
********************************


デジカメ普及とほぼ同じような時期に出てきたため、
デジカメ特有のエラー写真だと言う方もいましたが、
フィルム写真でも写りますし、
動画で撮影された例(海外)もあります。
「心霊写真」だという認識が日本に無かったからでしょう。   
                                            
心霊写真投稿はコチラから


心霊写真朱い塚-あかいつか-