法華塔

心霊スポット

法華塔1
道沿いにぽつんと柵に囲まれた石碑がある。
法華塔2
車の通りも少ない感じです。
さみしい感じがします。
法華塔3
檜の木のそばにある石碑には法華塔と刻んである。
法華塔4
法華塔
塔の前の河原は「賽の河原」と呼ばれ
”檜一本、首一つ”といわれた江戸時代の刑場であった。
法華塔(1820年建立)は、刑場の露と消えた人々の霊を
慰めるために供養塔だろうか。
その後、天保5年(1834年)には、神坂・天徳寺の
十一世大璘義猛が、無縁仏のためにここに
法華経八軸を納め、石塔を立てて供養している。
法華塔5
この先の河原が賽の河原である。

岐阜県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました