後藤寿庵の墓

心霊スポット


後藤寿庵の墓
寿庵は伊達正宗の家臣で、熱心なカトリック信者であった。
見分村(現水沢)の福原に1200石の領主として召しかかえられ
数々の開拓の功績があった。元和9年のキリシタン弾圧で、
南部にのがれてから350年間消息不明であったが、昭和26年3月
宮城県史編纂委員によって碑が発見されて、当時、
建てられた無名の碑が残っている。
昭和29年にこの碑が建てられた。
後藤寿庵の墓2
元和6年(1620)からは仙台藩の切支丹取締りが厳しさを増し、
寿庵は正宗公からの「転宗せよ」との命令を拒み続けいたが、
元和9年(1623)ついに抗しきれずに南部領に逃れ(追放)たのである。
その後寿庵の足跡は全く途絶えていたが、寛永のはじめ
狼河原村(現米川)仲上沢及川家の世話で、後ろの山へ
庵を建てて住んでいたが、養子を迎えることになり、
西神沢に移り住んだと伝わっている。
その家が現在の畑中後藤家である。
この地での生活も長く続かず、密告によって、ある朝
役人に寝込みを襲われ、前の畑で所成敗された。
遺体は塩漬けにされて、逆さまに埋め、鍋を被せられた。
墓は立てることができず目印とした
無名の丸石が寿庵の墓として後藤家の旧墓地にあり今も
大事に供養されている。
後藤家は、寛永18年(1641)の人数改帳、享保9年(1724)の
宗門改帳、元文4年(1739)の人数改帳にも
切支丹類族が続いている旧家である。
旧墓地前の大きな寿庵の墓は昭和27年に米川村が建立した供養碑である。
石碑に向かって右側には古い墓が並ぶ。
後藤寿庵の墓3
そしてこの古い墓石の中に後藤寿庵の墓であると
発見されたものがある。
後藤寿庵の墓4
真ん中の古い墓石に「天齢延壽巷主」とある。


宮城県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました