十九首塚

心霊スポット

十九首塚
十九首塚の由来
ここは「平将門」の首級を祀る十九首塚です。
人皇61代朱雀天皇の御代、関東下総の国(茨城県)
相馬郡猿島に、桓武天皇の五代の孫で、
相馬小太郎将門という武将がおりました。
承平5年(西暦935年)、一族の内紛を契機として、
将門は、常陸を始め関東一円を占拠、自ら
新皇と称し律令国家に対抗する国家を企てた。
この叛乱に、朝廷から大規模な将門総封が興され、
平貞盛、藤原秀郷らにより、将門は天慶3年(西暦940年)
2月14日滅ぼされました(天慶の乱)
秀郷は将門をはじめ一門の家臣19人の首級を持って
京に上る途中掛川の宿まで来ました。
一方、京かたは検視の勅使が派遣されこの地
(現在の十九首町)の小川(東光寺南血洗川)で
首を洗い、橋に架け検視を受けました。
首実検の後、秀郷は「将門は逆臣なりとも、
名門の出である。その罪重しといえども、
今や滅びて亡し。その死屍に鞭打つは礼に非ず」と
十九の首を別々に埋葬し、懇ろに供養しました。
時は天慶3年8月15日でありました。
この後、歳月の流れと土地開発等の為、移動し
現在地に移りました、ここ十九首塚には、葬られた
19人の詳細な名前が残されています。
地名の由来も19の首塚があったところから十九首町と
呼ぶようになりました。
町民は、首塚を町の守り神として春秋二季の彼岸と
8月15日の命日には供養祭を行い、今日まで続いております。
十九首塚2
相馬小太郎将門
御厨屋別当多治経明
鷲沼庄司光則
東三郎氏厚敦
大葦原四郎将平
御厨屋別当文屋好兼
鷲沼太郎光武
藤原玄茂
大葦原五郎魔将為
御厨三郎将頼
長峡七郎保時
藤原玄明
大葦原六郎将武
隅田忠次直文
堀江入道周鏨
阪上遂高
大須賀平内時茂
隅田九郎将貞
武藤五郎貞世
十九首塚3
平将門伝説は各地に残っている。
十九首塚4
近くには川があり、ここで将門の首を洗ったのだという。
その上には現在「将門橋」が架けられている。
静岡県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました