岩倉獄跡

心霊スポット

岩倉獄跡
山口県にある岩倉獄跡
萩藩の獄、すなわち牢屋のあった場所である。
岩倉獄跡2
岩倉獄跡
正保2年(1645)9月17日夜、藩士岩倉孫兵衛(大組・禄高200石)は酒に酔って
道を隔てた西隣の藩士野山六右衛門(大組・禄高200石)の家に切り込み、家族を
殺傷した。この事件のため、岩倉は死刑となり、両家とも取りつぶされ、屋敷は
藩の獄になった。
野山獄は上牢として士分の者の収容を、岩倉獄は下牢として庶民を収容した。
なお、現在の指定地は獄の一部分である。
幕末、吉田松陰は海外渡航に失敗したのち野山獄に、その従者金子重之助(重輔)
は岩倉獄に投ぜられた。
岩倉獄跡3
合霊塔。
ここで亡くなった人たちの供養塔であろう。
岩倉獄跡4
奥には2基の石碑がある。
岩倉獄跡5
左側の石碑は由来を書いたものらしい。
岩倉獄跡6
右側の石碑には
金子重輔君絶命之處
田中義一 書
とあった。


山口県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました