心霊スポット朱い塚-あかいつか-

福岡監獄跡
情報の投稿はこちらから

福岡監獄跡

福岡監獄跡1
供養塔
この地は元寇防塁跡だり、元の国が攻めてきたとき(1274年)の
一つの戦場でした。また江戸時代初期(1618年)、黒田長政の
命により松が植えられこの一体を百道松原と呼びました。
江戸時代末期、安政のころ(1855年頃)より西新藤崎などに
居住する武士や商人のお墓が造られはじめたようであります。
明治・大正昭和と時代の変遷とともに特に戦後は家族制度も
家族構成も大きくかわり、無縁となるお墓も多くなってきて、
お参りに来られる方々も少なく、墓地は荒れてきました。
平成20年にこの「西新1号墓地、西新ア号墓地」に
お墓をお持ちの有志の方々が、何とかこの墓地を
気持ちよくお参りできるようにしたいと「百道墓地管理会」を
立ち上げました。
(このとき2つの墓地におよそ125基の墓碑がありました)
「管理会」は墓所をお持ちの方々を調査し、会員と
なってもらいました。
どうしても祭祈者がわからない無縁と思われる方々の墓碑を、
この供養塔のまわりに集め、管理会で供養することといたしました。

福岡監獄跡2
たくさんの墓碑が寄せられている。
現在は西新墓地である。

福岡監獄跡3
墓地の一角に不思議?な場所がある。
塀で囲まれた地。

福岡監獄跡4
中には地蔵が一体安置。
説明も何もない。
見ようによっては無縁墓地の供養とも思えるが…。

福岡監獄跡5
こちらは福岡監獄で死刑になった死刑囚の供養の為、
処刑場跡に建立された地蔵なのだという。
と、いうことはここは…

なんと動画を撮影していたのですが…
ファイルが破壊されていました。

福岡県心霊スポット



心霊スポット朱い塚-あかいつか-