心霊スポット朱い塚-あかいつか-

飯盛山
情報の投稿はこちらから

飯盛山

飯盛山
観光地として有名な飯盛山。
ここは白虎隊の自刃の地である。

飯盛山2
会津藩殉難烈婦碑
この碑は、会津戊辰戦役で自刃又は
戦死した婦女子二百余名の霊を弔うため
昭和3年4月旧藩士山川健次郎氏
(男爵、理学博士、帝大総長)等の篤志家に
よって建てられた顕彰碑である。

飯盛山10
白虎隊とは会津藩の16歳〜17歳の少年兵である。
会津戦争に備えて結成された。
幼少組には13歳の少年もいたという。
幕末に新政府軍に攻められた幕府方だった会津藩。

飯盛山11
白虎隊はなんとかこの飯盛山に逃れた。
しかし飯盛山からは鶴ヶ城の燃える姿が見えた。

飯盛山12
もはやこれまでと白虎隊20人は自刃。
うち1人は助かったが19人は死亡。
燃えていたのは鶴ヶ城ではなく、城の周辺の屋敷であった。

飯盛山3
少年武士慰霊碑。

飯盛山4
墓石が並ぶ。

白虎隊士の墓
正面の墓は、明治元年(1868)の戊辰戦争において
飯盛山で自刃した19士の墓です。
8月23日(新暦10月8日)自刃した隊士の遺骸は、
西軍により手をつけることを禁じられていました。
約3ヶ月後村人により、密かにこの近くの妙国寺に
運ばれ仮埋葬され、後この自刃地に改葬されました。
現在の形に19士の墓が建てられたのは明治23年で、
2度にわたり墓域が拡張されました。
右側の墓は、会津の各地で戦い、亡くなった
白虎隊士 31名の墓です。
左側の碑は白虎隊士と同じ年齢で県内各地及び
新潟・栃木・京都で戦い、戦死した会津藩少年武士
(白虎隊の仲間達)の慰霊碑です。

飯盛山5
線香が絶えないという。

飯盛山6
この飯盛山の頂上付近には白虎隊のお墓の他、
石仏・石碑などがたくさんある。
若すぎる死を悼んでのことである。

飯盛山で自刃した白虎隊士の屍は戦後もしばらく
風雨にさらされていたが、滝沢村牛ヶ墓肝煎(世話人)
吉田伊惣次氏がこの惨状を見て村人の協力を求め
夜ひそかに遺体を飯盛山と同村妙国寺に仮埋葬したが
西軍のとがめを受け後自発的行為とわかり放免された
明治17年67才で没した

飯盛山7
頂上から少し歩くと「白虎隊自刃の地」がある。

白虎隊士石像がのぞんでいる方向が鶴ヶ城です。

飯盛山8
ここには白虎隊が城をのぞむ姿の石像が。

慶応4年(1868)8月23日(新暦10月8日)、
年齢が16〜17歳で構成された士中二番隊の
白虎隊士は猪苗代から十六橋を越えて
進撃した西軍と戸の口原で交戦するも、
敵の軍事力に圧倒されて退き、戸の口洞門を
くぐってこの地に至った。
炎上する城下を前に、玉砕か帰城かを巡って、
激論を戦わした。敵陣突入を提案する者もいれば、
鶴ヶ城が簡単に落城するはずはないとして
帰城を主張する者もいた。
しかし、最終的に「誤って敵に捕らえられ屈辱を受ける
ような事があれば、主君に対して大変申訳なく、
祖先に対しても申訳ない。この場は潔く自刃し、
武士の本分を明らかにするべき」との決断に
はじめて、全員が同意し、一同列座し南鶴ヶ城に
向かって訣別の意を表し、全員が自刃した。
後、一名が蘇生。その名は飯沼貞吉である。
なお、鶴ヶ城開城はその一か月後であった。

飯盛山9
この場所からは城が小さく見える。

さて、飯盛山であるが、心霊写真が撮れることで
有名であるらしい。


飯盛山の動画はこちら


福島県心霊スポット

宝くじ購入代行サービス

心霊スポット朱い塚-あかいつか-