心霊スポット朱い塚-あかいつか-

花岡山陸軍埋葬地(官軍墓地)
情報の投稿はこちらから

花岡山陸軍埋葬地(官軍墓地)

花岡山陸軍埋葬地(官軍墓地)
花岡山陸軍埋葬地(官軍墓地)
明治時代に起こった新風連の乱で亡くなった官軍の墓地である。


花岡山陸軍埋葬地(官軍墓地)2
当時の明治政府は廃刀令(軍人や警官などの刀の携帯を禁止)
に反対した士族が起こした反乱である。
こちらは鎮台創設期からの死者136名の合葬碑。

花岡山陸軍埋葬地(官軍墓地)3
神風連の乱
明治新政府の政策を亡国の前兆と信じた
熊本の士族120余人は、太田黒伴雄を首領として
1876年(明治9年)10月24日夜、熊本鎮台を
襲撃しました。数時間は熊本城を
制圧しましたが、その後鎮台兵に反撃され、
戦死自刃など続出して全滅しました。
その後、この反乱は、秋月の乱、萩の乱となって
各地に影響を及ぼしました。

花岡山陸軍埋葬地(官軍墓地)4
官軍墓地(花岡山陸軍埋葬地)
廃刀令などに憤激、欧風化に抗議し挙兵し熊本城などに斬り込んだ
明治9年の『神風連の乱(しんぷうれんのらん)』
この反乱は明治政府に不満を持つ士族の蜂起(西南の役)の
前ぶれとなりました。
ここ花岡山陸軍埋葬地には、この神風連の乱に倒れた熊本鎮台司令官
種田政明少将・参謀高島茂徳中佐・大島邦彦中佐以下116名が葬られ、
隣接する県官墓地には同じく
神風連の刃に倒れた県令安岡亮良の墓もあります。
この墓地はその後一時荒廃しましたが地元の努力で整備され、
昭和55年には熊本市指定史跡となりました。

花岡山陸軍埋葬地(官軍墓地)5
割と荒廃しつつあるような雰囲気ですね…


花岡山陸軍埋葬地(官軍墓地)の動画はこちら


熊本県心霊スポット



心霊スポット朱い塚-あかいつか-