心霊スポット朱い塚-あかいつか-

富岡吉利支丹供養碑(千人塚)
情報の投稿はこちらから

富岡吉利支丹供養碑(千人塚)


富岡吉利支丹供養碑(千人塚)3
富岡吉利支丹供養碑(千人塚)は南国な感じの木々に
囲まれ、存在していた。


富岡吉利支丹供養碑(千人塚)2
富岡吉利支丹供養碑
寛永14年(1637年)に起こった
天草・島原の乱で討ち死にしたキリシタン一揆軍の
首級1万余りを三分して埋めた一つがこの首塚である。
この地に正保4年(1647年)鈴木重成代官が慰霊のために
供養碑を建立したもので、碑文は山口瑠璃光寺住職
中華珪法の撰である。

実は石碑に近づいて撮影していたところ、
近くの塀から猫が現れ、ニャーニャー鳴いてきました。
石碑を離れると鳴くのをやめてこちらをジッと見ていました。
千葉の心霊ホテルといい、猫が絡むとなんか怖い

富岡吉利支丹供養碑(千人塚)の動画はこちら(猫の声は入ってない)


富岡吉利支丹供養碑(千人塚)
近くには富岡城があり(水曜日は休みでした)


富岡吉利支丹供養碑(千人塚)4
そのふもとにはアダム荒川殉教の地が。

アダム荒川殉教の地(推定地)
アダム荒川は1552年頃の生まれで、キリシタン大名
有馬晴信の領地であった島原半島南有馬の荒川(現吉川)の出身です。
彼が天草志岐へ来たのは、志岐にセミナリヨ(神学校)ができた
1591年頃で、彼は教会で看坊(神父の助手)として教会を守っていました。
ところが、1614年徳川家康のキリシタン禁令が下ると、
富岡城代川村四郎衛門は、天草富岡の領主である肥前唐津の城主
寺澤広高の命令に従い、上津浦南蛮寺のマルコス・フェラロ神父と
志岐教会のガルシャ・ガルゼス神父を追放しました。
ガルシャ・ガルゼス神父に代わり教会を守っていたアダム荒川は、
3ヵ月にもわたる迫害にもめげず、信仰を守りとおす態度を
とり続けたため、とうとう斬首の刑に処されることとなりました。
刑は、富岡城下の海岸で実行されたとの当時の神父たちが
書き残した記録から、この附近で処刑されたと推測されます。



熊本県心霊スポット



心霊スポット朱い塚-あかいつか-