心霊スポット朱い塚-あかいつか-

西坂処刑場跡
情報の投稿はこちらから

西坂処刑場跡

西坂処刑場跡
西坂公園。日本二十六聖人の殉教地としても知られている。
江戸時代にこの辺りに「西坂処刑場」があったとされている。

だが、実際の西坂処刑場はもう少し場所が違うようである。

西坂処刑場跡2
西坂公園を少し北に進むと西坂町地蔵堂がある。

西坂処刑場跡4
地蔵堂内部。

案内板より

西坂地蔵尊の由来
寛文8年(1662年)此処に安置す
椛島町民が大波止の海中から地蔵尊を拾い上げた。
それを井樋の口に在る聖徳寺に納める為
人夫が運搬して此処に来た時急に重くなり
動かせなくなったのでそこに置いて帰った。
夜に地蔵尊が夢枕に立ち西坂に安置せよとの
お告げがあったので此処に安置した。
昭和62年より320年前である。


西坂供養塔の由来
この付近は1600年より明治まで長崎刑場として
千人塚があった。
元禄7年(1694年)処刑者の供養のため建立した。
昭和62年より293年前である。

昭和62年6月吉日320年祭を記念してその由来を記す

西坂処刑場跡3
案内板の通りこの西坂地蔵堂の傍らに
「南無妙法蓮華経」のヒゲ題目があり、
付近に処刑場があったことを示している。
実はヒゲ題目のある場所というのは
実際の処刑場の入り口付近に設置することが多い。
江戸時代、死罪となった罪人の供養は
ほとんど禁じられており(罪状による)、
こうした慰霊碑を処刑場内部に作ることはできなかった。


西坂処刑場跡5
実際の西坂刑場があった場所は
上記の写真の場所の付近という説もある。
実は刑場を示していた石碑は無くなっていた。
右端に石灯篭のようなものだけ残っている。


長崎県心霊スポット



心霊スポット朱い塚-あかいつか-