心霊スポット朱い塚-あかいつか-

獄門場跡
情報の投稿はこちらから

獄門場跡


獄門場跡
中山旧道を歩くと看板があります。
中山供養塔(新獄門場跡)
中山街道は、江戸時代の寛永5年(1628)頃
開かれ、鉱山都市相川へ来る人や牛馬の往来で
にぎわった。人通りの多いところに獄門場が
おかれ、処刑者をさえあし、見せしめとした。
南無妙法蓮華経と刻まれた供養塔は、
九州小倉の人が、天明8年(1788)に建てた。
塔の建立には鹿伏の若者が協力した。

獄門場跡2
新獄門場
近世中期に海士町から現在地に移転した、
獄門の晒場跡である。
天明8年(1788)に、九州小倉の住人が
供養のために建立した。古老の語り伝えでは、
獄門首が晒されると、人々は目をつむって
脇を走り抜けたという。

獄門場跡3
南無妙法蓮華経の供養塔
そばにある卒塔婆には
「南無妙法蓮華経 古刑場跡に埋葬一切諸霊…」
とある。

獄門場跡4
晒された首は三日三晩晒されると打ち捨て…
もしかしたらこの辺りを掘ると…


獄門場跡の動画はこちら


新潟県 佐渡島心霊スポット



心霊スポット朱い塚-あかいつか-