心霊スポット朱い塚-あかいつか-

千日前処刑場跡

情報の投稿はこちらから

千日前処刑場跡

千日前といえば賑わいを見せている場所であるが、
ここはかつて大阪町奉行所轄の処刑場であった。
阪神高速道路の辺りには獄門台が二基、
北向きに並べられていた。
ここに処刑場が造られたのは徳川幕府の
キリスト教徒処刑が増えたころである。
それまでは墓地であった。
明治4年に処刑場が廃止。
明治6年に墓地は移転。
この地は格安で民間に払い下げられ、その後、
ここには見世物小屋、料理屋等が集まって歓楽街となった。

千日前処刑場跡
江戸時代の地図と現在の地図を合わせると
おおよそ、この無縁墓地のあたりに刑場があったと推察されるが、
刑場全体で考えると背後の阪神高速道路辺りまでとなる。

千日前処刑場跡2
処刑場になる前は墓地(無縁墓地)であったということだが、
現在も無縁墓地が。

千日前処刑場跡3
無縁墓地の高い場所に観音像が。

千日前処刑場跡4
さて、千日前処刑場を語る上で欠かせないのは
千日デパート火災であろうか。
千日前処刑場があった場所に千日デパートが建ち、
その祟りによって千日デパート火災が起った…という噂だが、
千日デパートがあった辺り西半分は処刑場があったころ、
死体の処理等に従事する仕事を請け負っている民間人が
住んでいる場所であった。
厳密に言うと処刑場跡ではない。

千日デパート火災は118名が亡くなった。
死者の半分以上はデパートで働いていた
ホステスで、死因は一酸化中毒死、煙にまかれて
飛び降りた事による死亡であった。


千日前処刑場跡の動画はこちら


大阪府心霊スポット



心霊スポット朱い塚-あかいつか-