心霊スポット朱い塚-あかいつか-

獄門畷
情報の投稿はこちらから

獄門畷

獄門畷
静岡県にある獄門畷(ごくもんなわて)
獄門畷(ごくもんなわて)
永禄3年(1560)の桶狭間の戦いで、
今川義元が戦死した後、徳川家康の
遠州侵攻を防ごうと、気賀の人々は、
領主今川氏のために堀川城を造り、
最後まで戦った。
堀川城址は、ここから南へ600メートル程にある。
永禄12年(1569)3月27日、堀川城に2000人の
男女が立てこもり、3000人の家康軍に攻められて、
落城したといわれている。
大久保彦左衛門の記録に「男女共になで切りにした。」
とある。
そしてその後に捕えられた約700人の人々も、
同年9月9日にこの付近で首を打たれた。
その首をこの小川に沿った土手にさらしたので
「ごくもんなわて」と言われるようになった。

獄門畷2
獄門畷の石碑正面から。
住宅街にぽつんとある。


獄門畷3
説明書きの看板がなければ地元の人でも
この獄門畷の意味はわからなかっただろう。


獄門畷の動画はこちら


静岡県心霊スポット



心霊スポット朱い塚-あかいつか-