処刑場跡朱い塚-あかいつか-

切腹・斬罪
切腹

切腹の版画
切腹(武士のみ)・斬罪
時代:平安時代〜昭和
場所:刑場・自宅・寺社など

切腹
江戸時代においてこの刑は以下の罪で行っていた。
○火付け・盗賊・人殺しなど武士道に反する重罪
○政治犯
など

塩谷判官切腹図
処刑方法
切腹
囚人に腹を真一文字に切らせて
(後に形式だけとなり木刀にしたり刃を軽くあてるだけ等)
介錯人が斬首

斬罪
縄切刀で喉輪を切断するその瞬間、左側から斬首
斬首の図


処刑場跡朱い塚-あかいつか-