処刑場跡朱い塚-あかいつか-

牛裂きの刑
牛裂きの刑

牛裂きの刑
牛裂きの刑
時代:平安時代〜江戸時代
場所:刑場・もしくは犯罪現場




処刑方法
両足を二頭・もしくは四頭の牛にそれぞれ紐にかけ、火をかける等
牛を興奮させて暴れさせ体を裂く。車を使った車裂もある。

牛裂きの刑2



電話占いデスティニー
処刑場跡朱い塚-あかいつか-