心霊スポット朱い塚-あかいつか-

投込寺(浄閑寺)
情報の投稿はこちらから

投込寺(浄閑寺)

投込寺(浄閑寺)
投込寺(浄閑寺)(淨閑寺)
淨閑寺は浄土宗の寺院で、栄法山清光院と号する。
安政2年(1855)の大地震の際、たくさんの
新吉原の遊女が、投げ込み同然に葬られたことから、
「投込寺(浄閑寺)」と呼ばれるようになった。
花又花酔の川柳に「生まれては苦界、死しては淨閑寺」
と詠まれ、新吉原総霊塔が建立された。
壇徒の他に、遊女やその子供の名前を記した、
寛保3年(1743)から大正15年(1926)にいたる、
十冊の過去帳が現存する。
遊女の暗く悲しい生涯に思いをはせて、作家
永井荷風はしばしば当寺を訪れている。
「今の世のわかき人々」にはじまる荷風の詩碑は、
このような縁でここに建てられたものである。

投込寺(浄閑寺)2
墓地にある新吉原総霊塔

投込寺(浄閑寺)3
新吉原総霊塔の文字が見て取れる。
遊女の悲しい末路である。

2014年再び訪れました。

投込寺(浄閑寺)4
生れては苦界
死しては浄閑寺
花酔

ここに葬られた遊女は2万人とも言われている。
投込寺(浄閑寺)は全国各地にある。


投込寺(浄閑寺)の動画はこちら


東京都心霊スポット



心霊スポット朱い塚-あかいつか-