心霊スポット朱い塚-あかいつか-

芸人たちの身の毛もよだつ怖い話4 ~悍ましい心霊スポットで見たもの~ [DVD]

新島流人牢屋跡
情報の投稿はこちらから

新島流人牢屋跡

新島流人牢屋跡
東京都新島村にある新島流人牢屋跡。

流人牢屋跡
伊豆七島は、かつて流人の地であった。
新島には、記録によると、1333人の流人が流されている。
流人が島で重罪を犯した場合、牢屋に入れ、
江戸代官所に届け出て、判決が出るまでの間、
牢番によって監視された。
古文書から推測すると、牢は、間口2間(約3.6メートル)、
奥行2間の八畳程の広さがあり、
高さは6尺5寸(約1.97メートル)で
内部の土間には、足枷(あしかせ)用の丸太があった。
いよいよ処刑される日は、門前に生えている
柳の木の下へ筵(むしろ)を敷き、
その上に受刑者を座らせて酒と団子を与えた。
これが知人との最後の別れであった。
受刑者は、刑場への道の途中で立ち止まり、
柳の辺りを振り返って見たという。誰がいうこともなく、
この柳を「見返り柳」と、言うようになったが、
現在の木は台風で幹が折れたために、
新たに芽吹いたものである。

とある。

新島流人牢屋跡2
新島流人牢屋跡は民家のすぐ前です…。

新島流人牢屋跡3
新島流人牢屋跡の供養塔なのか墓石なのか。
江戸時代牢屋では獄死する受刑者も多かった。
この新島牢屋もそうであったという。
この牢屋はほぼ流人専用であった。


新島流人牢屋跡の動画はこちら

東京都心霊スポット

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト


心霊スポット朱い塚-あかいつか-