心霊スポット朱い塚-あかいつか-

虚無僧墓
情報の投稿はこちらから

虚無僧墓

虚無僧墓
虚無僧墓の由来

天保年間(西暦1830〜1843年)のころ、一人の虚無僧が小野の地にやって来て、
尺八を吹いているとき以外は酒ばかり飲んでいました。
そんな虚無僧を村人たちは、敬遠していました。
ところが村の娘が山賊に襲われたとき、娘を無事に救い出しのは、
この虚無僧でした。弘化3年(西暦1846年)9月15日、
朝から「ウンウン」唸っていた虚無僧は、突然、川棚川の河原に走りだし、
大きな岩に頭を二度三度ぶっつけて倒れました。
死ぬまぎわに虚無僧は、
「私は脳を冒されたために何もしてあげられなかったが、
私の墓を建てて酒を供えてくれれば、あなたたちの苦しみを和らげてあげよう」
と言い残して息を引きとりました。
村人たちは、虚無僧が頭の痛みを和らげるために酒を飲んでいたことを
初めて知り、墓を建てて供養しました、
河原にあった虚無僧の墓は大正13年(西暦1924年)、現在の場所に建てかえられました。

虚無僧墓2
虚無僧墓のお堂。

虚無僧墓3
中には虚無僧の墓が安置されていた。


虚無僧墓4
虚無僧のコスチュームが…。


山口県心霊スポット



心霊スポット朱い塚-あかいつか-