都市伝説朱い塚-あかいつか-


鵺さんの投稿です



某アパートに一人暮らしをしている作家志望の男性が、

書き留めた作品の原稿を添削していた時の事。

男性はふと、誰かに覗かれているような気配を感じ、

辺りを見回した。




しかし、室内には誰もおらず、

閑散とした空気が漂っているだけであった。

それなのに翌日も、翌々日もその不気味な気配は消えなかった。

そこで意を決した男性は、気配の元を探し出す事にした。

だが、この肝心な時に限って気配の元は一向に現れようとしない。

そして男性が『もう、いいや。どうせ疲れのせいだろう。』と諦めかけた、

その時。

箪笥と床の僅かな間から見覚えのない顔の女性が、

此方をじっと見つめているのが目に入った。

その後、男性は早々にアパートから引っ越したという


   



都市伝説朱い塚-あかいつか-