都市伝説朱い塚-あかいつか-

人形

shihoさんの投稿です


ある日A君の家は、お母さんもお父さんも

帰りが遅くなるということでA君1人でした。

その日は、A君は、あきるまでゲームをしたり、

おやつを食べとても満足してテレビを見ていました。

すると、電話がかかってきました。

もしもし。

出ると

「私順ちゃん。A君の家の近くまで来ているの。」

といい、電話はきれた。

A君は、誰かのイタズラだろうと考えた。

それから、2時間も立たないうちにまた掛かった。

「もしもし」

「私順ちゃん。いま、あなたのマンションの前にいるの。いまから来るね」

といい電話はきれた。

それから、15ふんもたたないうちにまた電話がきた、

「私順ちゃん。いま、あなたの家の前にいるの。」

怖くなったA君は、急いで鍵を閉め押し入れに隠れた。

そして、

「私順ちゃん。いま、あなたの後ろにいるの。」

おそるおそる後ろをむくと特に変わった事はなく、

良かったと安心したがお母さんに事情を話すと

押し入れに人形が入っていた。

それは、おばあちゃんが大切にしていたものだった。

実はA君は、おばあちゃんと会ったことがないのです。

そしてその日は、おばあちゃんの命日だったとかも聞きました。

A君が心配でおばあちゃんは、見にきたようです。

   



都市伝説朱い塚-あかいつか-