都市伝説朱い塚-あかいつか-

不気味な音

鵺さんの投稿です



とある若いカップルが、深夜の真っ暗な山道を

ドライブしていた時のこと。

ラジオから残酷非道で凶悪な囚人が、

カップルの男性の愛車が走行している場所の近辺に位置する

某刑務所から脱獄したという臨時速報が流れた。

二人はそれに怯えながらも、でもせっかくここまで来たのだからと

ドライブを続けた。

すると突然、車のエンジンの調子が悪くなり、動かなくなってしまった。

このままではらちが明かないと判断した男性は

「麓まで行って助けを呼んでくるから、ここで待っていてくれ」

と山道を下りようとしたが、脱獄囚に怯えている女性はそれを引き留めた。

そして最終的に「きちんとロックして車の中にいれば、絶対に大丈夫だよ」

と男性が言い、それに渋々納得した彼女は男性の言う通り、

車内で彼を待つことにした。

それからしばらくして「ズリッ…。」と時折、何かを擦るような音が聞こえてきた。

女性は底知れぬ恐怖に駆られながらも、

車内で不気味に鳴り響く音を聴きながら、必死に男性の帰りを待ち続けた。

だが、待てども待てども男性は帰って来ず、音も未だに鳴り続けていた。

やがて夜が明け、一台のパトカーが女性の乗っている車の近くへやって来た。

女性が安堵すると、二人の警官が降りてきて、

「真っ直ぐにこちらへ歩いてきて下さい。ただし、決して振り返ってはいけませんよ。」

と奇妙なことを言う。

女性は怪訝に思いながらも警官の指示通りに車を降り、

真っ直ぐに警官のいる方へ歩き出したが、好奇心に負けたのか、

ふと後ろを振り返ってしまう。

なんと、そこには道の脇の木に吊るされた、見るも無惨な男性の死体が。



一晩中聞こえていた、あの「ズリッ…。」という音が車内に響いていたのは

殺害された男性の死体が風に揺れ、その足が

車の屋根をこすっていたからだったのだ。


   



都市伝説朱い塚-あかいつか-