都市伝説朱い塚-あかいつか-



車でドライブ中の話。

とあるトンネル近くにさしかかったころ、突然霧が出始め、視界が悪くなった。

運転手は細心の注意を払って運転する。

霧の中あるはずのないものが目に飛び込む。

女性が立っていたのだ!

驚いて急ブレーキ!車は女性にぶつかることもなく停止する。

運転手は車を降り、女性を轢いてないか確かめに行く。

すると霧がはれはじめ、視界がよくなると…

車の1メートル先はなんと…崖。

そのまま車で走っていたら確実に崖に落ちて死んでいた。

あの女性の霊は自分たちを助けてくれたのだ。

そう思って女性の立っていた場所に向かって合掌していると…

そばに女性が立っていた。

女性は運転手を見つめ、こう言った



「死ねばよかったのに…」



お地蔵様が言ったバージョンもある。




   



都市伝説朱い塚-あかいつか-