妖怪体験談朱い塚-あかいつか-

宝くじ購入代行サービス

坊さんの話

投稿者:紅のプー太郎さん




いい意味で生臭坊主をやってる知人の、爺さんから聞いた話です。

ちょっとした車の修理を頼まれて、終わったのが夕食どきで、

当然「夕食食べてかねぇか?」とゆう話になり、

それからナシ崩し的な怒涛の「一杯飲んでけ!?」になりました。

僧侶は酒類NGなんで、飲みながら喋ってると、

隠居してる100歳近い爺さんが出てきました。

なんだかんだ喋ってると妖怪の話題になり、

爺さんから興味深い話が出てきたんですね。

なんでも爺さんの幼少期に、隣町の寺に一つ目小僧が居ると噂を聞いて、

興味本位で友達数人と見に行ったら、

実際に居て庭掃除をやってたそうですよ。

寺の住職に見つかって逃げ出しましたが、

腰を抜かした2人が捕まって、こっぴどく叱られたうえ

「黙っておくようにっ!!」と念をおされました。

その後、一つ目小僧の行方は分からないそうですが、

奇形の一種で「単眼症」とゆうのがあり、

現在は妊娠中の検査で分かった時点で、中絶するそうですがね。

生まれてみなければ分からない昔は、

ある程度育った例も無きにしもあらずで、

たぶんお寺に預けられてる可能性が、かなり高いでしょう。


次へ   メイン



妖怪体験談朱い塚-あかいつか-