絶対おかしい

怖い話

絶対おかしい

投稿者:マコさん

友人たちと飲みに行ったその帰り道の事です。
5人で 真っ暗な道を歩いていました。
すっかり遅くなってしまって時刻は夜の11時を
回っていたと思います。
たわいも無い話をしながら周辺の家への気遣いも忘れ
ばか笑いをしていました。
が、突然襲ってきた嫌な気配。
あ、怒られるかな?とびくびくしながら辺りを
見回しましたが人はいません。
嫌な予感がして僕はあせっていました。
まずい、早く駅に行かないと。
しぜんとYさんと二人早歩きになります。
後ろの3人はマイペースに歩いています。
僕とYさんは先に車が通る道に出ました。
一安心していたのですが後ろから来るはずの
友人が来ません。
とにかく待ちました、ですが30分立っても
友人たちは現れませんでした。
怖くて僕はとにかく駅の前の鋼板に飛び込もうとしました。
しかし、そこにいたのは友人たち。
一本道で絶対に友人たちは後ろを歩いていたのに。
友人たちも 駅まで僕らを見つけることが
できなかったそうです。

この前の霊界の体験もあったので僕らは朝まで
ファミレスで時間をつぶして明け方に家に帰りました。
霊界へ迷い込んだのはどちらだったのでしょうか・・・。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました