とある橋の下にて

怖い話

とある橋の下にて

投稿者:紅のプー太郎さん


熊本県の心霊スポットで「Pホテル」とゆうのがあり、

海を挟んで対岸には砕石場があるんですね。
だいぶ九州の方は、3月になると暖かくなり、
夜釣りも楽になってきて、
釣り仲間が行った事がないみたいなんで、
行ってみる事になりました。
作業が終わる頃を見計らって、突撃しましたけど、
日付が変わる頃までは、特に変な感じもなく、釣りをやってました。
丑三つ時になる頃、妙にPホテル方面からの視線が気になりだして、
時間も時間だし、せっかくの釣りなんで無視してたんですね。
ちょうど大きな橋の支柱辺りで、釣りをやってましたけど、
いきなり空気が重苦しくなったか?と思ったら
「バシャ~ン!!」と海に何かが落ちる音がして、
相方か⁉と思って探してみたら、呑気に釣りをやってるんですね。
もっとも海面近くから落ちても、あんな音はしませんが、
それとなく見回してみると、黒っぽい何かが海面に浮いてるのが、
少し沖に見えるとゆうか感じるんですね。
ちょうど下関と門司の間みたいになっていて、
海水の流れが早いんですが、黒っぽいソイツは流れに抵抗して、
ほぼその場に止まっていて、本能的に赤信号が点滅しだしたんですよ。
ちょうど相方が「釣れなくなったから他行くぞ‼」と
声をかけてくれて、渡りに船とばかに、ソソクサと移動しましたけどね。
移動する道すがら、相方に聞いてみると
「な~んか気持ち悪くてしょ~がね~もんよ⁉」と
ノタまってましたけど、自殺の名所と心霊スポットがあるとは伝えておらず、
なんか前々から変な感覚を持ってる奴なんですよねぇ~?

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました