夕暮れの十三佛にて

怖い話

夕暮れの十三佛にて

投稿者:紅のプー太郎さん


先日、福岡県へ野暮用で行った際、何気なく「十三佛は、変化あったかいな?」と
思い立って、ついでに立ち寄ってみました。
それこそ10年ちょっとぶりで、内心は期待してませんでした。
近くのダムは、左回りで回ってみましたが道を間違えて、
奥まった所にあるちょっとした広場とトイレがある所に
出てしまいましたが、トイレに違和感を感じて、
小をモヨおしてましたが、利用する気にならず離れた所で済ませました。
十三佛は、少し薄暗くなって着きましたけども、
不動明王像がある元お堂?があった所に、

妙な違和感を感じて、探索は諦めました。
洞窟へ向かってみると、入り口で変な威圧感に襲われ、
中に入るのを躊躇しましたけど、せっかくなんで入ってみたんですね。
階段を下りたところで、意識が半分飛びかけて
朦朧(もうろう)とし、フラフラしかけたから
「・・・・・あ~こりゃ~アカンわ」と思って、
フラつく足どりで即退散しました。
まぁ~霊感持ちの知人から貰ったお守を、忘れてたから
しょうがありませんが、霊達の悪い波動をモロに食らったみたいでした。
元々、湿気が多い場所柄なのと、より湿っぽい洞窟内に
集まってるみたいなんで、そんな所にウカツに行ったのも
考えモノなんですけどね。
夜間は行かない方がいいですし、
ましてや霊の活動が活発になる丑三つ時は、マジでNGですよ

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました